ネットであれやこれや2


[トップに戻る] [スレッド表示] [トピック表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
文字色
合一会合唱団宣伝最終号 投稿者:石田事務局長 投稿日:2019/02/02(Sat) 05:27 No.1578

モーツァルの妻のコンスタンツェ(1762-1842)ですが、根拠もなしに悪妻とか無能な人間とか言われ、モーツァルトが存命中は目立たない存在でした。しかし、モーツァルトが亡くなってからの活躍は凄いものです。

彼女はモーツァルトの死にショックを受けて憔悴しきっていたが、すぐに残された夫の膨大な借金を返すべく行動を開始した。

皇帝レオポルド二世に遺族年金の支給を申請し夫の年棒の三分の一に当たる金が1年間支給されることになった。

夫の友人や後援者の力を借りて夫の追悼演奏会や自分と子供たちのための演奏会を催して収益を上げ、

プロイセン王に夫の作品の楽譜を売るなどして瞬く間に借金を返済しました。


画像は1762年女帝マリーア・テレージアから下賜された大礼服を着た6歳のモーツァルト。

合一会合唱団宣伝最終号 - 石田事務局長   2019/02/02(Sat) 05:32 No.1579
≪モツレク完成の舞台裏≫

何よりコンスタンツェの功績はレクイエムを完成させたことです。モーツァルトはレクイエムを完成できずに亡くなりました。

当時の事情を説明すればレクイエムを完成させないと依頼主のヴァルゼック伯爵から完成時の報酬を受け取れません。

借金を返すためにはこの報酬が欲しい。そこで彼女は色々と手を尽くし、結局はモーツァルトの「弟子」のジュースマイアーに完成させてもらった。

本当のところジュースマイアーはモーツァルトの弟子ではなく、彼を補佐して彼のオペラを浄書する仕事などをしていた。

それでもコンスタンツェはジュースマイアーのことをモーツァルトの「弟子」と言いつくろって、未完のレクイエム補筆の正当性を強調した。

これがモツレクが完成された舞台裏ですが、このようにしてコンスタンツェはヴァルゼック伯爵から残りの報酬を受け取った。

29歳で未亡人となったコンスタンツェは30台半ばで内縁の結婚をしている。

相手はデンマークの外交官で、彼は二人の連れ子の父親代わりになって優しく接してくれていた。その後彼女は80歳で世を去っている。


写真はモーツァルトの葬儀が行われたシュテファン大聖堂の内部。

合一会合唱団宣伝最終号 - 石田事務局長   2019/02/02(Sat) 05:43 No.1580
最後にあまり知られていないモーツァルトの子供たちのことについてです。

モーツァルト夫妻には6人の子供が出来ましたがそのうち4人までが一年足らずで死んでいます。

生き延びた2人はともに息子で、第二子でモーツァルト28歳で生まれたカール・トーマス(1784-1858)、

モーツァルトの亡くなった年に生まれた末子フランツ・クサバー・ヴォルフガンク(1791-1844)。

トーマスは音楽教育は受けたが音楽家の道をあきらめた。1810年にミラノの役人になり、同地で一生を終えている。

末の子は早くから楽才を示して「モーツァルト2世」で売り出したが、さほど成功はせず音楽家として地味な生涯を送った。

この二人の子はいずれも子孫を残さなかったので、モーツァルトの直系の血はこの代で途絶えてしまった。

1841年にモーツァルト没後50周年を記念してザルツブルグに彼の記念像が建立された時に二人の息子も駆けつけてにぎやかな祝典となっていた。


写真はザルツブルグのモーツァルト像。

合一会合唱団宣伝最終号 - 石田事務局長   2019/02/02(Sat) 05:52 No.1581
今回で合一会合唱団宣伝の連載は終了です。シューベルトのお話まで進めず残念と思っております。

いよいよ来週2月10日(日)は合唱団練習場での第1回練習日です。13時から始まります。

色々と準備も整っております。現在参加登録者は44名となっております。

また報告は掲載させていただきます。
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -