097664

ネットであれやこれや2


[トップに戻る] [スレッド表示] [トピック表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
文字色
合一会合唱団の宣伝第3号 投稿者:石田事務局長 投稿日:2018/11/10(Sat) 07:36 No.1467


組曲『みやこわすれ』の中の2番目の曲は「はっか草」。

他の3曲の標準演奏時間が2〜3分なのに、この曲のみは6分台。この組曲の中で一番重きを置かれた曲と言えるでしょう。

ユーチューブから「はっか草」の演奏です。https://www.youtube.com/watch?v=2ZlsgzR1v_w 

しみじみと心に訴えかけられる曲です。

Re: 合一会合唱団の宣伝第3号 - 石田事務局長   2018/11/10(Sat) 07:38 No.1468

はっか草とは日本在来のシソ科の多年草、英語ではミント。湿気のある所に生え、高さ20〜60センチ。

8〜10月、葉の付け根に淡紫色の唇形の小花が群がってつく。

この草の大きな特徴は葉をもむだけで感じられるスーッとする独特な清涼感。

Re合一会合唱団の宣伝第3号 - 石田事務局長   2018/11/10(Sat) 07:44 No.1469

幼い頃に母がはっか草の蕾を手折って私に言った。「はっか草のような人になりなさい」と。

その時に嗅いだはっか草の香りととともに私は母の言葉を保ち続けた。

年月は過ぎ去り、もうとっくに母は世を去り、私はそういう人になれなかったが、今も母の言葉は私の中で気高く香っている。

×    ×   ×   ×   ×

上記のような内容の詩ですが、作者の野田昶(サカン)さんは昭和11年(1936)年に岐阜県大垣市に生まれ、そこで育っておられます。

野田さんが育ったのは戦前から戦後にかけての時代になりましょうが、

その頃の大垣では、はっか草やミヤコワスレ、スミレといった草花が自生していて当時の人々はそれらと馴染んで暮らしていたのでしょうね。

合一会合唱団の宣伝第2号 投稿者:石田事務局長 投稿日:2018/11/03(Sat) 10:45 No.1464

前回では組曲『みやこわすれ』の表題曲のミヤコワスレについて解説しました。
今回はこの組曲の一番最初の曲「薔薇のかおりの夕ぐれ」より薔薇についてです。

作者はバラを「薔薇」とわざわざ漢字で書いているので、日本に自生している野薔薇の品種を紹介しましょう。
それでも作者は西洋のバラをイメージしていたのかもしれませんね、「薔薇のかおり」と言えばやはり西洋の薔薇の芳香をイメージしてしまいます。

写真はノイバラ(野茨)で、日本の野薔薇の代表的な品種で、沖縄以外の日本各地の山野に多く自生しています。

Re: 合一会合唱団の宣伝第2号 - 石田事務局長   2018/11/03(Sat) 10:50 No.1465

もう一枚ノイバラの写真です。清楚で美しいですね。
やはり日本の花という感じがします。バラと言えば西洋風ですが、イバラとなると日本風です。

それとユーチューブから「薔薇のかおりの夕ぐれ」の演奏です
 https://www.youtube.com/watch?v=wAGl2eXxllk 

Re 合一会合唱団の宣伝第2号 - 石田事務局長   2018/11/03(Sat) 10:54 No.1466
次の写真はノイバラの仲間でテリハノイバラ(照葉野茨)です。
日本では、本州、四国、九州、琉球に分布し、海岸や河川敷の礫地、造成地、草原などに自生します。

×   ×   ×   ×   ×

併せて作曲者の千原英喜さんの紹介もしておきます、ウィキペディアからの引用ですが。
千原 英喜(1957年11月15日〜 )日本の作曲家。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業、同大学大学院修士課程修了。間宮芳生、小林秀雄に師事。1990年代末から合唱作品で注目されはじめる。

「音楽は時空を超えて」を銘に、主に以下の4つの事柄を柱にした作曲活動を行っている。
1.日本人のアイデンティティ = 古典伝統素材の和風もの。
2.東西の祈りの普遍性 = キリスト教聖歌や切支丹もの。
3.日本の歌ごころ = POP/演歌な歌謡性。
4.Classic Transcription = クラシック曲の合唱アレンジ編作。

合一会合唱団の宣伝 第1号 投稿者:石田事務局長 投稿日:2018/10/27(Sat) 17:14 No.1460

11月中下旬発送の合一会報では合一会合唱団への参加者募集記事を掲載します。

そこでそれに先立って合一会HPにて合一会合唱団の宣伝をさせていただきます。

合一会合唱団では邦人組曲『みやこわすれ』を練習します。

この名称の曲集は下記の4曲からなっております。

@ 薔薇のかおりの夕ぐれ  A はっか草  B すみれ  C みやこわすれ

Re: 合一会合唱団の宣伝 第1号 - 石田事務局長   2018/10/27(Sat) 17:18 No.1461
組曲を構成する4つの曲はみな花の名前を題名に取り入れています。

組曲の名称となった『みやこわすれ』ですが、この言葉を聞いても最初私は花の名前とは思っておりませんでした。

調べてみますと“ミヤコワスレ”という花の正式名称はミヤマヨメナと言い、キク科の植物、5月から6月ごろに鮮やかな紫色の花を咲かせます。

花色にはピンク色や白色、淡い青色などがあります。

確かに写真の花の形を見ると菊の仲間と思えます。

Re: 合一会合唱団の宣伝 第1号 - 石田事務局長   2018/10/27(Sat) 17:43 No.1462
ミヤコワスレという変った花の名称は順徳天皇(1197〜1242)に由来します。

鎌倉幕府が成立して30数年のち、順徳帝は父の後鳥羽上皇に協力して鎌倉幕府を倒そうと挙兵するも敗れました。

そのため順徳帝は佐渡に配流されてしまい、その後21年余在島してその地で崩御されました。

草ぼうぼうの佐渡の庭に 一茎の野菊が紫色に咲いているのを見つけ、 

帝は京の都を代表する美しい紫の花を眺めていると都のことが忘れられるかもしれないと、花の名を「みやこわすれ」と呼ぶことにしたとの説話があります。


因みに百人一首には順徳院として

「百敷(ももしき)や 古き軒端(のきば)の しのぶにも なほあまりある 昔なりけり」

と昔の貴族の栄華を偲んだ御製歌があります。

Re合一会合唱団の宣伝 第1号 - 石田事務局長   2018/10/27(Sat) 18:09 No.1463
ユーチューブにあった『みやこわすれ』の演奏を引用しておきます。
https://www.youtube.com/watch?v=VN0wjafTR8o 

とても日本人の心性に合った曲と思われます。ノリもとてもよさそうです。歌うのが楽しみですね。

×   ×   ×   ×   ×

写真はミヤコワスレの花の一輪をアップで写したものです。

鎌倉時代の佐渡島は今と違い定期便のフェリーもないでしょうから、
かなり開発からも文明からもとり残されたところだったのではないでしょうか。

そんなところに京の都から追放されて住まわされた失意の日々の中で、
紫の花を見つけて「みやこわすれ」と名付けられた順徳帝の想いはどのようなものだったのでしょうか……。

『みやこわすれ』の楽譜には作曲者の千原英喜さんのコメントがありますが、そこに順徳帝の御製歌も書かれております。

  いかにして契りおきけむ白菊を都忘れと名づくるも憂し

「愛唱歌を歌う会」の報告 投稿者:石田事務局長 投稿日:2018/10/15(Mon) 05:06 No.1452

10/14午後1時から「愛唱歌を歌う会」を大乗寺で開催しました。

当初参加予定者は40名を超えていたのですが、事情が悪くなったという方が増えて、
当日やその直前にも体調不良での欠席の連絡を受け、結局OBは29名の参加でした。

お忙しい中都合をつけて参加してくれた現役は4名、前正指揮者のなおゆきさん、前幹事長の左近さん、正指揮者のきゃしーさん、幹事長のゆるりんさんでした。

皆さまどうもありがとうございました。
写真はOB指揮者佐々木氏による発声練習です。

Re 「愛唱歌を歌う会」の報告 - 石田事務局長   2018/10/15(Mon) 05:18 No.1453
発声練習後は新しい世代の愛唱歌「夜のうた」と古い世代の愛唱歌「緑の森よ」(メンデルスゾーン作曲)の2曲を課題曲としてパート練習をしました。

写真はソプラノ17名のパート練習風景、パートリーダーは合一会役員のタッキーさんです。

タッキーの左横に携帯CDプレーヤーが写っておりますが、あらかじめ準備しておいたパート練習用音源CDの演奏をして音取りをしております。
そのため今回のパーリー役はキーボードを全く使わず、CDプレーヤーの操作をするのみなのです。

そういう初の試みを今回の「愛唱歌を歌う会」ではやったのでした。

Re 「愛唱歌を歌う会」の報告 - 石田事務局長   2018/10/15(Mon) 05:43 No.1454
写真はアルトのパート練習風景です。今回はパート間の人数差が激しくアルトは6名でした。
うち現役は右端のゆるりん幹事長です。少ない人数ですがパート内年齢差は40年を超えているのにこの和気あいあいとしたムード!

実はアルトのパーリー役を頼んでいた方が体調不良で欠席でしたので急きょ金本会長にお願いしました。
最初は金本会長がCDプレーヤーを操作していてパート練習していたのですが、
プレーヤーの操作方法が簡単なのでアルトのメンバーだけで自主的にパート練習することとなりました。

来年発足の合一会合唱団はこのCDプレーヤーで、自主作成したパート練習用音源CDを使ってパート練習をするのですが、
今回のアルトパートの事例のようなこともアリなんだなぁ、とつくづく思いました。

Re: 「愛唱歌を歌う会」の報告 - 石田事務局長   2018/10/15(Mon) 05:55 No.1455
テナーの練習風景です。テナーはOB4名、現役2名で計6名。

ここもベースの私が当初パーリー役を引き受けていたのですが、最初だけやって後は現役のナオユキ君にパーリー役を任せて、ベースのパート練習に合流しました。

ベースのパート練習はOB4名でやりました。

因みにパート練習用の音源CDは作成時点でテンポは自由に設定できますので
「夜のうた」はそのままのテンポのものと、実際より遅い目のテンポのものと2種類作成して、
はじめは遅い目のテンポのもので練習することとしました。

Re: 「愛唱歌を歌う会」の報告 - 石田事務局長   2018/10/15(Mon) 06:06 No.1456
パート練習のあと、「夜のうた」と「緑の森よ」のアンサンブルをしました。

写真は「夜のうた」を担当してくれているナオユキ指揮者です。

Re: 「愛唱歌を歌う会」の報告 - 石田事務局長   2018/10/15(Mon) 06:09 No.1457
「緑の森よ」を担当してくれている佐々木指揮者です。

Re: 「愛唱歌を歌う会」の報告 - 石田事務局長   2018/10/15(Mon) 06:12 No.1458
課題曲2曲の演奏後、昔から今までの愛唱歌を皆で歌っていきました。
指揮者は先のお二人に加えて現役3回生のキャシー指揮者にも振ってもらいました。

Re 「愛唱歌を歌う会」の報告 - 石田事務局長   2018/10/15(Mon) 06:33 No.1459
なおゆき指揮者は皆のやる気を引き立てるようなコメントを多々発してくれて、とてもリードが巧みだったのには感心させられました。
「いざ起て」を振ってもらったのですが、写真のようにすごく熱のこもった指揮もしてくれました。

佐々木氏の熟練した指導ぶり、キャシーさんのフレッシュな若々しい演奏と、
指揮者も3人の方に振っていただいて、合唱以外にも指揮者の個性でも楽しませていただいた歌う会の3時間でした。

主催側の私が言うのもなんですが、参加者の皆さんにはパート練習といい、アンサンブルといい、大いに楽しんでいただけたと自負しております。
世代を超えたみんなで集まって歌うのが楽しいのです。

×   ×   ×   ×   ×

来年発足予定の合一会合唱団も「練習日にみんなで集まって合唱を楽しむ」ことを目的とすることと考えております。
合唱の練習をする目的は演奏会をするためじゃないんだ、集まって歌うことが楽しいから合唱をしているんだ!
合一会合唱団結成の言い出しっぺである私は、その準備段階で相談役の方々と意見のやり取りをする中で、上記のように考えるようになりました。

11月発行の合一会報で参加者募集をいたします。何卒よろしくお願いいたします。

10/14(日)は愛唱歌を歌う会 投稿者:石田事務局長 投稿日:2018/10/09(Tue) 06:01 No.1450

10月14日「愛唱歌を歌う会」の参加予定者名を苗字を伏せてお知らせします(敬称略)。
ただしこのうちで、「未定」で参加申込されてまだ確認の取れていない方も3人含まれております。合計39名です。

D14紀久子、C17一男、S19チヅル、L18千代、L19美鈴、J20京子、J21優子、D21弘子、C23香代子、W24紀美子、C24龍平、L24知子、L24和子、C25晴彦、L26繁、F26信二、J27勝美、J27了子、D27敬子、L28よし子、L28由貴子、E30和枝、W30和男、F31美丈、A31靖子、W31圭子、L32佐紀、L40直美、L45玲子、S46寛子、福60百合奈、福61千穂、日63紗織、農63有希、農65翔也、化65秀典、農66明李、農66花穂、農66知子

当日は大乗寺3階で1時から4時まで。参加費は千円、院生等学生は5百円。受付開始は12時半からです。愛唱歌集はこちらで用意しておきます。よろしくお願いいたします。

別に当日になって参加予定でない方が、急遽参加されることも大いに結構です。

写真は現在工事中の府大南門です。この西隣に大乗寺があります。南門の両横はブロック塀でしたが、それを取り除いてあとはどうするのでしょうか?
以前ブロック塀が倒れて児童が下敷きになった悲惨な事件がありましたが、その関連なのでしょうか。

10/14(日)は愛唱歌を歌う会 - 石田事務局長   2018/10/10(Wed) 06:30 No.1451
「愛唱歌を歌う会」に参加したかったのに調整がつかずに参加できないとのご連絡を受けた方で、9月以降にご連絡お受けした方、お二人のお便りを紹介いたします。
ご両名とも来られなくなったことは本当に残念だったと思います。

お一人は少し離れた県から来られるはずだった方からです。

# ギリギリまで父の体調を見ていましたが、やはり諦めざるを得なくなりました。要介護3の父のお世話をし続けています。昨年12月、ステージには立てませんでしたが、聞きに行かせていただき、感動しました。ありがとうございました。

あとお一人は高松から来られる予定でした。

# 10月14日参加の方向で調整していたのですが、台風21号、24号の大雨のため、菜の花の植え付けのための耕うん,畝たてがいつになるかわからず、見通しがまったく立たなくなりました。そのようなわけで、今回は出席を見送ります。悪しからず。


写真は当日会場でお貸しする愛唱歌集です。

10/14(日)愛唱歌を歌う会 投稿者:石田事務局長 投稿日:2018/09/23(Sun) 08:39 No.1448

10/14(日)午後1〜4時まで開催予定の「愛唱歌を歌う会」ですが、指揮者に変更があります。

メイン指揮者の〔分63〕臼井さんが当日お仕事が入ってしまい、残念なことに欠席となりました。

それで臼井さんに代わってL26佐々木さんにメイン指揮者をお願いすることとなりました。

佐々木さんにつきましては、今まで何度も「愛唱歌を歌う会」で振っていただいてお馴染みですね。

ただし若い世代の愛唱歌についてはやはり若い指揮者がよいので、まだ現役ですが伊藤さん(歴史学科4回、去年の正指揮者)にも指揮をお願いしました。

つきましては2曲の愛唱歌課題曲では、『緑の森よ』は佐々木さんに、『夜のうた』は伊藤さんにそれぞれアンサンブル指揮を担当していただくこととなりました。

現役の皆さんにも、よければ参加していただきたい旨、お伝えしておきました。

よろしくお願い申し上げます。

【写真は伊藤さんで、去年の定演後のレセプションでのものです】

合宿最終日! 投稿者:よっしー 投稿日:2018/09/17(Mon) 00:42 No.1446

ふたたびこんばんは。よっしーです。今日は合宿の最終日でした。昨日はコンパがあり、大いに羽目を外したため今日は二日酔いでフラフラでした。しかし最後の合宿だと思うと込み上げるものがありましたね。
合宿所を出てからは回生に分かれて旅行に行きました。私たちは姫路の温泉に日がな一日いましたので合宿の疲れも癒されて最高でした!

Re: 合宿最終日! - 石田事務局長   2018/09/17(Mon) 05:41 No.1447
現役の皆さん、合宿どうもご苦労様でした。
また、よっしー君はじめHPに書き込んで下さった方々、どうもありがとう。リアルタイムで夏合宿の現状を知ることが出来ました。

回生旅行先を温泉にして一日過ごすのはいいアイデアですね、合宿の疲れをいやすのに最適でしょう。

今年は夏合宿後に強化練習をされるそうですね、そちらも頑張って定演を成功させてくださいね。
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -