097664

ネットであれやこれや2


[トップに戻る] [スレッド表示] [トピック表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
文字色
ジョイコン写真 オープニング 投稿者:石田事務局長 投稿日:2019/07/01(Mon) 06:56 No.1657

6月30日開催の京府大合唱団・大谷大学混声合唱団・同志社コールフリューゲル 3団のジョイコンの報告です。

会場の同志社大学寒梅館です。開場前の時点で午前中までの雨もやみ、会場の外はしっとりとした梅雨の曇り空でした。

ジョイコン写真 オープニング - 石田事務局長   2019/07/01(Mon) 06:58 No.1658
開演時間となり、まだ暗い照明の舞台に3大学の団員たちが静かに入場してきました。

ジョイコン写真 オープニング - 石田事務局長   2019/07/01(Mon) 07:01 No.1659
舞台左端に府大合唱団が並び、指揮者は4回生キャシーさんです。

ジョイコン写真 オープニング - 石田事務局長   2019/07/01(Mon) 07:12 No.1660
この舞台に立っているのは女声16名、男声15名、合計31名です。

歴代府大合唱団の男女比といえば、女声が男声の2倍以上に人数がいるのが常でしたが、今はほぼ男女同数になっております。

現在団員数が減少状態ですが、それは女声の人数がほぼ半減しているのが実情ですね。

ジョイコン写真 オープニング - 石田事務局長   2019/07/01(Mon) 07:20 No.1661
団員数減少で、オープニングの学歌演奏を心配しておりましたが、良い演奏をしてくれて安心しました。

4回生は就活などでジョイコンは欠席する人も多いのですが今回は9名もステージに立ってくれておりました。

ジョイコン写真 オープニング - 石田事務局長   2019/07/01(Mon) 07:26 No.1662
次に演奏する谷混指揮者にバトンタッチです。

新体制で迎えるjointコンサート 投稿者:大矢千紗 投稿日:2019/06/29(Sat) 23:04 No.1655

こんばんは!演奏会実行委員長のやっちーです。
ついに明日は前々から交流のあるコール・フリューゲルさんと
大谷大学混声合唱団さんとの三団合同コンサートです!
二回生がほとんどの実行委員会で探り探りではありましたが、
きゃしーさんをはじめとする4回生や石田さんなどの力を
お借りして迎える大切な演奏会です。元気でまじめな一回生たちを迎え
歌うにも聞くにも楽しい曲を楽しく歌わせていただきます!
ぜひお越しください。

明日のJOINT CONCERTに向けて 投稿者:きゃしー 投稿日:2019/06/29(Sat) 21:59 No.1654

こんばんは!学生正指揮者のきゃしーです!
いよいよ明日はjointコンサートです!
一回生を迎え、新体制となった府大合唱団を見に来てください!
同志社大学寒梅館ハーディホールにて、14:30開場、15:00開演です!
是非お越しください(^○^)

jointコンサートに向けての抱負 投稿者:公文琢朗 投稿日:2019/06/29(Sat) 21:24 No.1653

こんばんは。府立大学合唱団副指揮者の公文琢朗と申します。
来る明日、6月30日の14時30分より、大谷大学、同志社コールフリューゲル、京都府立大学合唱団のjointコンサートが開催されます。
明日のjointコンサート開催に向けて、団員一同精進して参りました。
今年は例年よりも、主導すべき三回生の数が圧倒的に少なく、OBの方々や先生方、就活や卒業論文でお忙しい四回生の力をお借りしながら、手探りで準備を進めて参りました。
かく言う私も、副指揮者になりはしたものの、右も左も分からず、先輩に指揮の練習をしていだいて、なんとか形にして明日のステージを迎えることが出来ました。
そんな不肖の身ではありますが、1stにてみなづきみのり作詞、石若雅弥作曲の「私からの手紙〜メッセージ〜」から、「子守唄」と「心の窓辺で」を披露させていただきます。
御来場して頂けるOBの方々にも楽しんで頂けるように、精一杯頑張りますので、応援の程よろしくお願いします。

ジョイコン他団の紹介 投稿者:石田事務局長 投稿日:2019/06/22(Sat) 07:37 No.1649


6/30(日)のジョイコンで府大と一緒に歌う2つの団の紹介をします。本日は同志社コール・フリューゲルです。

【やっちー幹事長による紹介】

同志社大学コール・フリューゲルさんは同志社大学の合唱サークルの中でもうちの大学と深い繋がりのある合唱サークルさんです。

今年のjointコンサートに留まらず、来年度のjointコンサートもご一緒させていただく予定です。

コール・フリューゲルさんは日本語曲だけでなく、ラテン語やドイツ語曲など、様々な国の曲をとても高いレベルで演奏されます。

合同練などでは、和気あいあいとしながらもレベルの高い演奏をされるイメージで、共に歌う身としてもとても気持ちよく歌わせていただいています。

Re: ジョイコン他団の紹介 - 石田事務局長   2019/06/22(Sat) 07:41 No.1650
【同志社大学公式HPのクラブ紹介より】

同志社大学の公式HPは凄いボリュームで、クラブ紹介にたどり着くのに苦労しました。

コール・フリューゲルの紹介 http://d-live.info/club/sports/index.php?c=club_view&pk=1364458327 その紹介からピックアップして書き出しました。


# 部員数…男声33名、女声45名、計78名、創部1967年

 因みに学内で競合する混声合唱団ですが、C.C.D.73名、こまくさ72名となっており、三者ほぼ同規模です。

  C.C.D.の紹介を見ると1947年に創立された「日本最古の学生混声合唱団」と書かれていました。わが団の創団はわずかに遅く1950年です。


# 活動ですが下記の通りで、ほぼわが団と同じですね。

 3月春合宿、5月親睦合宿、6月ジョイコンないしサマーコンサート、9月夏合宿、12月定演


# 練習日時は下記の通りで二つのキャンパスに分かれているため苦労されています。両校地間には50名定員の無料シャトルバスが1日4〜6便運行。

 火曜(5時-7時半)→新町キャンパス、 木曜(5時-7時半)→新町と京田辺を隔週、土曜(1時半-5時半)→京田辺キャンパス

×    ×    ×    ×    ×

同志社大学のHPを見てみると、さすが有名私学の大規模校はそのスケールからして違うと感じてしまいます。

学生数ですが、今出川キャンパス約20,000人、京田辺キャンパス約9,000人、教員ですら嘱託も含めると約2,300名!

今回のジョイコンのように同志社は学内施設のハーディーホールで演奏会を無料で開催できるのですからねぇ、本当に羨ましいです。

幹事長の話では来年度もご一緒にジョイコンを開催とのことです。コールフリューゲルさん、今後ともヨロシク。

Re: ジョイコン他団の紹介 - 石田事務局長   2019/06/23(Sun) 07:01 No.1651
6/30(日)のジョイコンで府大と一緒に歌う団の紹介、本日はその2回目で、大谷大学混声合唱団です。

【やっちー幹事長による紹介】

大谷大学混声合唱団さんは、京都府立大学と大学が近く、コール・フリューゲルさん以上に関わらせて頂いている合唱団さんです。

昨年度は共にjointコンサートを開催し、見事成功を納めました。

去年のjointコンサートなどの関わりの中から京都府立大学合唱団と同じくらいの人数ながらも合唱を心から楽しんでいる方々が楽しく練習をしていらっしゃる個性豊かなメンバーが多い合唱団さんです。

Re: ジョイコン他団の紹介 - 石田事務局長   2019/06/23(Sun) 07:05 No.1652
【大谷大学公式HPのクラブ紹介と谷混のHPより】

大谷大学の公式HPはキチンと整理されていてクラブ活動のページは簡単に探し出せました。http://www.otani.ac.jp/clubs/nab3mq000000229b.html 

それと谷混自体のHP http://tanikon.com/about.html から引用して谷混の紹介をいたします。


# 部員数…男声26名、女声22名、計48名

# 活動…夏と冬の演奏会を中心に、春夏の合宿、他大学の合唱団との交流、年によってはコンクールへの出場。

8月下旬の夏合宿は、JRおごと温泉駅から徒歩10分の大谷大学湖西キャンパスにある「セミナーハウス」を利用されています。

写真の通り新しく立派な施設で、客室もきれいで食堂もあります。

# 練習日…週3回 月・木・土、講堂棟3階ラウンジにて

×    ×    ×    ×    ×

谷混もわが団同様に小規模大学の合唱団です。ただ私学のために施設も良くて大津市の琵琶湖近くにあるセミナーハウスは合宿も出来ますし、OBも利用できるのです。

そういった施設の充実しているところが公立より私学は羨ましいですね。京府大の公式HPにはクラブ紹介のページはありませんしね。

ところで大谷大学には男声合唱団もあって、そちらの団ともわが団は以前2回ジョイコンをしております。

1987(昭62)年に京教大混声と谷大男声と3団で京都会館第二ホールで、1991(平3)年には何と谷混と谷大男声と3団でアルティにて。 

谷大男声について大谷大学HPで調べますと、部員数3名(!)となっていました。どの大学も男声合唱団は退潮傾向にあるのでしょうかね。


今回のジョイコンの3団の混声合唱団は今後もますます発展していくことを願ってやみません。

ジョイコン楽しみにしておりますよ。

現役ジョイコンのご案内 投稿者:石田事務局長 投稿日:2019/06/15(Sat) 08:18 No.1641

今年は団員数の減少で現役の合一会担当が立てられず、6月については合一会報が発送できません。それに伴いジョイコンのチケット・チラシもお送りできません。

そのためこのHPにてジョイコンの案内をいたします。

内容はチラシ画像の通りです。チラシ記載内容には一部修正がありまして、画像は修正後のものです。

6月30日(日)に同志社大学寒梅館ハーディーホール(烏丸今出川上る西側)にて14:30開場、大谷混声さんと同志社コールフリューゲルさんとの3団ジョイント。

Re: 現役ジョイコンのご案内 - 石田事務局長   2019/06/15(Sat) 08:26 No.1642
チケットは画像の通りです。

【重要注意!】

合一会員はチケットがなくとも、当日会場入口の受付担当者に合一会員名簿を渡しておきますので、そこでチェックを受けてご入場ください。

Re: 現役ジョイコンのご案内 - 石田事務局長   2019/06/15(Sat) 08:35 No.1643
実行委員長兼幹事長のヤッチーさんにお聞きしました

ジョイコンの舞台にのる団員数は?

──1回生は13名、2回生8名、3回生1名、4回生は13名のうち9名、合計31名です。


1回生の雰囲気はどうですか?

──結構仲いいです。所属学科に偏りがあって半分は農学生命科学科です。


合一会員へ何か一言お願いします

──2・3回生が少ない中で新入団員13名を迎えよりよいジョイコンにしようとみんなで張り切っています!

OB・OGの皆さん、6月30日は是非ハーディーホールへいらしてくださいね、お待ちしております!

×    ×    ×    ×    ×

曲目の紹介等はまた明日をお楽しみに

Re: 現役ジョイコンのご案内 - 石田事務局長   2019/06/16(Sun) 09:20 No.1644
きゃしー正指揮者代行にインタビューしました

2回生の正指揮者が5月から休団になって、その代行として去年の正指揮者4回生のきゃしーさんが、急遽通年曲を振られることになりました。

曲目は混声合唱組曲『今日もひとつ』より2曲、作詩:星野富弘 作曲:なかにしあかね。


ジョイコンで振られる曲について解説願います

──ジョイコンでは曲集の中から、合唱祭で演奏した「いつだったか」と表題曲でもある「今日もひとつ」を演奏します。

元々は女声合唱組曲として作られたものですが、12年の歳月を経て混声合唱組曲として編曲されました。

しなやかなピアノの旋律や軽やかな曲調は女声が歌ってこその華やかさがあるでしょうが、混声には混声ならではの力強さと豊かなハーモニーがあります。

われわれは曲の持つ雰囲気を大切にし、優しさと強さを兼ね備えた歌声を披露いたします。たくさんの人に、些細な日常の尊さを感じていただけたら幸いです。


4回生なのに指揮することになりましたね

──今年当初は正副指揮者が共に2回生で指揮初心者でしたので、合同ステージ曲 『ワクワク』の下振りは以前から私がやることに決まっていました。

ところが正指揮者が振れなくなって、正指揮者の曲も併せて私が指揮することとなりました。

Re: 現役ジョイコンのご案内 - 石田事務局長   2019/06/16(Sun) 09:27 No.1645
【キャシーさんへのインタビューの続き】

就活などは大丈夫でしょうか?

──私は福祉社会学科で5月中に就活は終わってまして介護系の仕事に就くことになりました。


愛媛県のご出身ですがご家族は演奏会には来られますか?

──遠方で大変なので、去年の定演だけは指揮者としては最後の舞台ですので来てくれました。その時は今年も演奏会で振るとは思っていませんでしたので。

×    ×    ×    ×    ×

急遽ジョイコンで指揮をすることになったきゃしーさんでした。4回生がジョイコンや定演で指揮をするのは実に42年ぶりのことです。

1977年第20回定演の年までは通常は副指揮者3回生、正指揮者は4回生でした。それ以降は正指揮者が3回生というのが通例となって今に至っております。

きゃしー指揮者の練習指導ぶりを見ていると3年目だけあって、本当に要領よくテンポよく団員を引き付けて指導されていて見事でした。

きゃしーさん、ジョイコンでの指揮を楽しみにしておりますので、ヨロシクね。

Re: 現役ジョイコンのご案内 - 石田事務局長   2019/06/17(Mon) 07:37 No.1646
たくろー副指揮者に曲のことも含めてインタビューしました。彼は日本中国文学科2回、ベースです。高校はソフトボール部でした。

# 指揮初心者ということで指揮技術の習得は?

──3月に大阪で開催された指揮者入門合宿に行ってきました。これはわが団歴代指揮者が毎年参加しております。

合唱団を相手に指揮するのではなく、もっぱら一人で指揮の仕方を初歩から研修するものです。

もう一つゴールデン・ウィーク中に指揮者講習会が1日だけでしたがあったので受講してきました。


# ご出身は高知県香美市ですがご家族は演奏会に来られますか?

──一応演奏会のことは言っていますが、遠方ですし来ないでしょう。


# ジョイコンで振られる曲の紹介をお願いいたします

──みなづきみのり作曲、石若雅弥作詞『私からの手紙〜メッセージ〜』より次の2曲を振ります。

「3.心の窓辺で」は基本的に、テンポの速い、跳ねるような曲調です。最初に全パート揃って ♪こころのまどべで♪ と始まるのですが、歌い手の元気に、いまだに気圧されます。

その後レガート調でのテナーから少し暗めの過去を示唆するような歌詞になりますが、だんだんとクレッシェンドをかけ、また跳ねるようなリズムに戻ります。最後の盛り上がりは聞きごたえのある場所なので、是非ともお聞きください。


「4.子守唄」は情緒あふれる、とても繊細で綺麗な曲です。ソプラノの透き通るような高音、アルトの落ち着いていて優しい声、テナーの力強くはっきりとした声、ベースの包み込むような響きのある低音。

これらが複雑に絡み合い、掛け合うことで、幻想的な銀世界や過去の暖かい思い出が想起されます。難しくはありますが、だからこそ感動的な世界をご堪能下さい。

【明日はたくろー指揮者による合同ステージ曲の解説です、お楽しみに!】

Re: 現役ジョイコンのご案内 - 石田事務局長   2019/06/18(Tue) 07:35 No.1647
≪たくろー副指揮者による合同ステージ曲の解説≫

合同ステージは「合唱のための6のソング 『ワクワク』」 谷川俊太郎作詩、信長高富作曲で伊東先生の指揮です。この曲の解説もたくろー副指揮者がしてくれました。


【序 ワクワク(ショート・ヴァージョン)】…6曲目を少し短くした一曲です。

短いですが、ワクワクのアップテンポ感、歌い手も楽しめる感じをしっかりと踏まえているため、この曲集の始まりを飾るにふさわしい曲だと思います。


【1.詩】…穏やかな情景がありありと浮かんでくる曲です。谷川俊太郎は詩人としてよく知られています。

彼にとって詩こそが生活のほとんどを占めており、この曲でも詩を書こうとしています。

しかし、愛する人が帽子を取らなければ詩は書けず、しかし、愛する人の匂いがすれば、詩を投げ捨てキスをする…。

彼ほどの愛は、まだ二十数年しか生きていない学生にとって難しいですが、精一杯表現します。


【2.ほほえみ】…題名の穏やかな感じとは裏腹に、不安感を煽るようなピアノがメロディーを彩ります。木も青空も犬も、微笑みこそしないがそこにしっかりと存在します。

しかし、微笑むことのできる人間は・・・。圧倒的な存在感と迫力を感じてください。


〔次へ続く〕

Re: 現役ジョイコンのご案内 - 石田事務局長   2019/06/18(Tue) 07:40 No.1648
〔前からの続き〕

【3.ひとりぼっち】…ゆるやかな、昭和を想起させるバラード曲調で、男の哀愁を男性のみで切なげに歌い上げます。

自分の隣りにだれがいなくとも、星も太陽も空も、自分とともにある。だからさみしくなんてない・・・、といった意地っ張りで寂しがりやな男の歌です。


【4.歩くだけ】…前曲とは打って変わって、女性ソロの曲です。女性が涙を流しながら、ひたすら歩く。

ガードレールも、下り坂も彼女の歩みを止められず、どれだけ涙が零れ落ちても雨が降っても、決して立ち止まらない、強くて切ない女性の歌です。


【5.風のマーチ】…風が吹く。私の背を押し、歌わせる。ところが風は荒れ狂い、旗をちぎり飛ばし、鳥も落とす。そしていつか私は風を忘れてしまう。

この曲における風とは一体何なのか。ぜひ聞いて、ご自身でお考えください。


【6.ワクワク】…最後を飾る曲です。

タネが芽に、芽は花に、花は実に、実はタネになる。人間も似てはいますがそこには常に高揚、つまり「ワクワク」があります。飯を食う、昼寝する、夢を見る…。

ほかにもたくさんのワクワクがあります。


ぜひ聞きにいらしてください。そして人生にワクワクしてください。

×    ×    ×    ×    ×

3団合同の大合唱団での『ワクワク』を伊東先生が指揮されます。是非とも聞きに行きたいですね。

写真は同志社大学寒梅館です。この建物の地下1階から1階にハーディーホールがあり、客席数は850です。

今週末には谷混さんとゲルさんの紹介もいたしますのでヨロシク。

合一会合唱団第5回練習 投稿者:石田事務局長 投稿日:2019/06/10(Mon) 05:54 No.1639

梅雨っぽいお天気が続いていましたが、昨日9日の練習日は曇りでしたが暑くもなく過ごしやすいお天気でした。

練習場は窓を開け放ちますと風が良く通って、幾分快適な気分で練習に集中できました。

練習は参加者S11、A10、T1、B6、合計28名でした。

ご覧の通りテナーの参加が悪く、今回はC17藤山さんのみの参加でした。

テナーのメンバーの方は何卒参加ご協力お願いいたします。

Re: 合一会合唱団第5回練習 - 石田事務局長   2019/06/10(Mon) 06:13 No.1640
今回も臼井指揮者が用事があったため、後半の練習指揮は佐々木氏が引き受けてくれました。

佐々木指揮者が練習指揮で担当するのは宗教曲で、バッハ、モーツァルト、それにシューベルトは

楽譜上は邦人曲『みやこわすれ』と比べたらはるかにシンプルで歌いやすいです。

ただ曲の内容がとても深くてじっくり歌いこむべき曲と思われます。


毎月1回だけの練習ですが、歌うのが楽しみな曲ばかりで、参加者の皆さんそれぞれとは練習場でお顔を合わすだけの付き合いですが、

合一会合唱団の和気あいあいとした雰囲気を私は毎回楽しんでおります。

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -